海外業者のメリットとデメリットを知ると、FXはもっと楽しい!

FX業者を比較!ベターな環境でトレードする!

FX業者を比較して正しく選定することが勝利への近道!

FXの海外業者を選ぶデメリット

日本人のトレーダーの場合、やはりことばの問題を気にする人が多いため、国内業者を利用する人は多いようです。しかし、ベテランのトレーダーともなると、海外業者でなければならないとする意見が大半を占めます。まずは、FXの海外業者を選ぶデメリットから検証してみましょう。

国内業者にも海外業者にもメリット、デメリットはそれぞれありますが、たとえばビギナーかベテランかといったトレーダーの立場によって見方が変わってくることも多いです。特にビギナーのトレーダーからすると、海外業者を利用するデメリットというか、リスクがかなり大きくなります。

というのも、海外業者の場合、レバレッジを高くして取引できてしまうからです。もちろん低レバレッジで取引することも可能ですが、高レバレッジで行う魅力を知ってしまうと、リスク管理の方法を知らないビギナートレーダーにとってはかなりリスキーな状況であるといえます。

その意味では、特にビギナーのトレーダーにとっては、海外業者を利用したことが最終的にデメリットとならないようなリスク管理が必要であるということが言えるでしょう。もちろんこのことは、ビギナーだけの話ではありません。ベテラントレーダーであっても、海外業者のサービスを利用して、高レバレッジの取引で、取り返しのつかない失敗をしたというケースも少なくはありません。

FXの海外業者を選ぶメリット

FXの最大の魅力は、所持金(証拠金)以上の額を取引することができるという点です。その仕組みを成り立たせているのが、上でもお話したレバレッジですが、海外業者の場合、国内業者では考えられないレベルで高いレバレッジでの取引が可能になります。

もちろん上記でお話したとおり、海外業者の場合、高レバレッジで取引することができるために生じるリスクがあることは事実です。ただ、FXの場合、株式とちがって値動きが小さいトレードなので、ある程度レバレッジを上げてトレードしないとあまり意味がないことも事実なのです。

このあたりはFXがトレーダーに提供する優しさなのだと思います。ただ、その優しさを履き違える事態が及びやすいともいえるのです。これが、海外業者でトレードを行う難しさなのかもしれません。

ただ、やはりトレーダーが満足できる環境を提供してくれるという意味では、少なくともレバレッジという側面で言えば、海外業者は国内業者を大きく上回るメリットがあると言わなければならないでしょう。