国内業者のメリットとデメリットを知って、FXをはじめよう!

FX業者を比較!ベターな環境でトレードする!

FX業者を比較して正しく選定することが勝利への近道!

FXの国内業者を選ぶデメリット

FXで国内業者を選びたいと考える人は多いです。やはり日本人トレーダーの場合、日本語で取引できることが大きなメリットになります。ただ、FXの国内業者を選ぶデメリットもありますので、まずはデメリットをしっかりと理解した上で、具体的な検討を進めていただきたいと思います。

金融トレードはFX以外にもいろいろありますが、FXにはレバレッジと呼ばれるシステムがあります。ある意味、これがFXの最大の魅力になります。ところが国内業者の場合、レバレッジは証拠金の最大25倍までしか取引できないところがネックになるのです。

レバレッジが高ければ高いほどリスクは増しますが、勝ったときの儲けの大きさは当然それだけ大きくなります。この部分がFXの魅力であると考えるトレーダーは多いのです。ですから、本当なら高いレバレッジで取引を行いたいところなのです。しかし国内業者ではそれができません。

これが、国内業者を選択するデメリットということになるでしょう。

FXの国内業者を選ぶメリット

大きな額で取引を行いたいと考えるトレーダーにとっては、レバレッジを大きく引き上げられない国内業者にはデメリットが多く感じられるかもしれません。しかし、国内業者にメリットがないかといえば、決してそんなことはありません。特に、ビギナーにとっては、海外業者にくらべてはるかに安全な取引ができるという点で、メリットが大きいといえます。

FXを新規に始めたいと考えるビギナートレーダーは多いです。しかしFXというと、自己資金(証拠金)よりもはるかに大きな額での取引がふつうなので、正直怖さがあると、ビギナーは特に考えます。しかし国内業者であれば、上記でお話したとおりレバレッジは最大で25倍ですから、リスクは最小限に抑えることができるといえます。

そして取引のすべてが日本語で行われるという安心感が、国内業者を選ぶ最大のメリットともいえるでしょう。万一何らかのトラブルがあったときにも、日本語でのサポートを受けることができるわけですから、国内業者なら何かあったときでも安心できるはずです。

このように、いろいろな意味で安全なFXトレードができるというところが、国内業者を選ぶメリットになっているといえるでしょう。

国内業者にも海外業者にもそれぞれメリット、デメリットがありますので、自分にとってベターとなる環境で取引できる業者選びをしていただきたいと思います。